Techno Tengoku

TECHNO X CULTURE

完全版『札幌のアンダーグラウンドなクラブ』

北海道は札幌、人口100万人を超える政令指定都市である。東京よりも人通りは静かで、通りすがる人は美男美女が多い。流行において行かれることなく、札幌独特の文化を醸成している。

www.instagram.com

今回はそんな札幌に根を張る、アンダーグラウンドシーンを完全版と題してまとめてる。(Techno Tengoku の偏見による選別であるため、札幌市民の総意でないことを了承いただきたい。)

Hip hop 

www.instagram.com


ヒップホップという定義は広義と狭義で様々ある。Techno Tengokuの見解では、「0から挑戦することを輝きとする」ことを軸にした人や文化をヒップホップと考えている。そんな文化を人からクラブから感じ取れる場所はここ

 

Club Ghetto

n43ghetto.exblog.jp

こちらのクラブでは、1週間でほぼ毎日がイベントで埋まっており、ティーンからおじさんまで幅広いヒップホッパーが集っている。

扉を開け、階段を降り、カウンターが開けると左にはダンスフロア、奥にはdjブースが出現する。

 

スピーカーは客側後ろにも設置され、臨場感あふれる。

場所は、創生川通りより東側、狸小路の端に近い。これ以上の情報はアングラということでご自身でdig をお願いしたい。

Booty 

www.booty-disco.com

Bootyはキングムーと同じブロックに存在するアングラディスコクラブ。入場は特別なイベントを除いてフリー(0円)。ドリンクはそれでいて700円近辺と良心的。アングラなのにフリーで入れるのは心地が良い。

www.instagram.com

カウンターのレディーズも札幌ダントツの包容力、ぜひ一度ご訪問あれ。2階はラウンジのスタイルで、ソファーが並んでいる。音は新旧問わずヒップホップ、ディスコ、で攻めている。

Techno 


テクノは破壊と創造である。音が音を呼び、人が一つとなって踊る。このイリュージョンを現実にするのがテクノである。 

www.instagram.com

以下、札幌のテクノシーンを牽引するべニューを一件のみご紹介する。

Precious Hall

www.precioushall.com


全国、世界各地のアンダーグラウンドの住人は、わざわざ説明するまでもない、それほど有名なべニューである。

www.instagram.com

大通りに近く、パルコの裏といっておく。言わずもがな地下のため、ぜひ調べてみていただきたい。djを神格化するような雰囲気というより、むしろ音の良さにこだわりを重ねた場所だ。フロア全体を全方位からスピーカーが包み、イヤホンでは到底聞き得ない音楽を味わう。レコードに込められた思いを、中実に再現する。音に酔うことができる最初で最後の聖域。

DJ Nobu,, Ishino Takkyu などのテクノアーティストを代表に、海外からもアーティストを呼び込む。札幌のローカルシーンと世界がテクノで繋がっていることが肌で実感できる札幌唯一のクラブである。

 

www.instagram.com

Precious Hallにいく際、本当に音楽を愛する人間と行く必要がある。決してナンパやその他クラブと同列の意識では、良い意味で後悔することとなるだろう。

また、携帯などをいじる暇はないので、行く前に解約しておこう。

 

www.instagram.com

札幌には他にもアンダーグラウンドなべニューがあるが、上で紹介させたいただいたべニューは自信を持ってリアルアンダーグラウンドだと言えるべニューである。ぜひ足を運び、その空気と文化を吸収していただきたい。

また、ご覧の方でよりアンダーグラウンドなべニューをご存知の方はご一報を頂きたく思う。